成功に繋がる美容師の転職

スポンサーリンク
FP
イロハ丸
イロハ丸

お世話になったサロンに感謝の気持ちを持って計画しよう

現在の状況を考える

転職するのには様々な理由がありますが経験年数によっても

アシスタント、ジュニアスタイリスト、スタイリスト、店長など、それぞれの立場で悩みも違って来ます

美容業界では歩合給がおおく、働いた年数で給与が上がる訳でもないので、タイミングをきちんと考えて行動しましょう

アシスタント時代

美容師になりたての頃だったりすると練習が遅くまであり、他業種の友達と会えなくなったりするのが嫌だったりしますよね

この頃だと給与も生活するので精一杯なので、周りが楽しそうだと余計に、なんか違ったかなーと感じたりする事もあります笑

僕も理不尽な先輩や先生に嫌気が差す事もたくさんありましたね笑

毎日練習の日々で体力的にはかなり辛い時期で、先輩に可愛がってもらって呑みに連れて行ってもらって次の日ダウンなんて事も何度かありました

スタイリストデビュー前には同期や学生時代の友人の進み具合がすごく気になってヤキモキしましたね

ジュニアスタイリスト・スタイリスト時代

デビューして間もなくはお客様を担当できる喜び、自分を表現できる喜びがあります

しかし、まだ先輩のヘルプなどをしながら自分のお客様を担当したりと気遣いと体力がどんどんけずられていきます

そして思ったほど給与も上がらず、ほかのサロンの人の話が無償に羨ましく感じる時期かもしれま

せん

自分の強みを作るのに色々な技術も学ぶと良い時期なので、ほかのサロンの事も調べたり

自己プロデュース目的でブログを開設したりするのもオススメです

初めのうちから売上などの数字はもちろん、メニュー比率、リピート率も意識して行けると良いでしょう

店長などの役職が付く

サロンの売上管理、在庫管理など店舗管理からスタッフのレッスンを見たりお客様のクレーム対応など接客意外の仕事が多くなり精神的な疲労がたまります

この辺りでもサロンによっては店長手当なども少なく、20代半ばから30〜にかけて家庭を築く人も多くなってきます

その時、いつまで現役でサロンに立っていられるか、結婚やマイホームなど、今後の収入なども考えて他の業種に転職する人も増えてしまいます

美容師の平均年齢が低いのも、収入と年齢が合わないのも理由の1つになってます

独立前は委託契約かシェアサロン

独立前に勤めているサロンに相談し、可能であれば雇用契約から業務委託契約に変更してもらいましょう。

オープン前の準備で動きやすくなりますし、お客様の予約を取りながら出店の準備が出来るのでお客様にとっても迷惑が掛からないのでオススメです。

もし、退社せざるを得ない状況であるようでしたら

最近ではシェアサロンを選択する方も増えています

こちらのサロンでは最高級シャンプー台YUMEシャンプーを導入されていて、お客様の満足度も高くしっかりと施術できます。

シェアサロンでは時間でサロンを借りるイメージで、登録だけで簡単に利用出来るのが特徴です

大手のサロンなども出店しているので一度見学してみるとイメージも掴みやすくなります

シェアサロンでサロン出店前に独立する

役職業務などで、出店準備に集中出来なかったりするのは時間を無駄にしてしまいます。顧客が多く開業資金を貯めるのにシェアサロンで直接資金を貯めるのもありだと思います

注意しなくてはならないのは、開業届を税務署に提出し、収入があるようであれば税金を納めるのに確定申告を忘れずに行って下さい

創業融資を受けるのに開業から3年未満などの規定がある事がありますので、よく調べて先の計画も見据えて行動していきましょう。

シェアサロンの利用者さまで、報酬が雇用時の3倍近く増えた方も出ているようで、「もっと早くフリーランスになれば良かった」など喜びの声もあるようです

まとめ

講習会などに参加した時や、どんなことにでも言える事ですが

得た知識をやるかやらないかで大きく先の差が開いて行きます。

まず実践して動き出してみましょう

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました